らぶらぶメールのバナー
no1男性も女性も無料!
日頃のストレスを発散したい・もう一度恋がしたい・そういった熟女・人妻が多数登録しています。 中高年男性や、年上女性好き男性に人気のサイトです。近所で探してその日のうちに会うこも可能!
DATEのバナー
no2目的がハッキリしているから早い!
はしたない奥様はHな関係を探している人妻、熟女が多数登録している出会い系サイトです 熟女との出会いは超濃厚エッチ!女性の口コミも独身時代より充実してますという声もありました。
CANDYのバナー
no3割り切った関係なら
熟女は意外と押しに弱いのです。ここの熟女会員はお願いすれば楽にやらせてくれます。
女性と即会い!互いに既婚者で時間が無く、車内でのセックス希望も叶えられた口コミで話題!

東京でセフレを作るなら、出会い系で「上京したて」の子を狙え!

◇東京セフレは出会い系で

東京ほど、独自色の弱い地域はありませんでしょう。この大都市には、各府県から人々が集まってくるので、むしろ田舎からあがってきた人のほうが多いくらいで、生粋の東京人というのは意外と見かけないものです。出身地を聞けば、他の県の名前の出てくる割合が高いはずです。

さて、そんな東京でセックスフレンドを作るのなら、どのような方法を採るのがよいのでしょうか。まずはナンパして、それから少しずつセフレの関係に持っていくというやり方もありです。これは東京に限ったことではないでしょうが、有名なナンパスポットはたくさんありますから、そういう女性にも知られている場所でナンパをすれば、高確率で女性を射止められると思われます。もっとも、見た目が良くなければ無理ですけれどね。

それに、知らない女性に声をかけるというのは、実はかなりの勇気を要することなのです。一度も経験のない人が、いざ街に出てそれをしようとすれば、意想外にそれの難しいことがわかって、最後までうまくやれずに収穫無しに帰路に着くのがおちでしょう。東京の女性というのは、ナンパされ慣れているので、あしらい方はとても冷たいですよ。20人か30人にひとり、話を聞いてくれればよいほうです。

ナンパが駄目となれば、やはり出会い系サイトを使うのがよいでしょう。出会い系サイトなら、登録をしている時点で、出会いを探していることがほとんど確定されるといってもよいですから、ナンパよりも効率的に相手を探すことができます。

◇援交目当てが多い

しかし一番の問題は、出会い系サイト(のアダルト掲示板)を使っている女性の大半が、援交目当てであるということです。援助交際、その言葉を知らない人はほとんどいないでしょうね。男性が女性に金を支払い、セックスさせてもらうという売買春のことです。それらの女性は、お金のもらえないセックスに価値を見出せなくなっているので、セフレにできることはないでしょう。「二回目からはタダ」と言っている女性は、そもそも同じ男と二回会うつもりがないので、これもまたセフレにできることはありません。

ですから、東京でセフレを探すなら、この援交女性をうまく避けなければならないのです。

最も良い方法は、はなからセフレを探すのではなく、とりあえずは友達を探すことです。どんな出会い系サイトにも「友達募集掲示板」といったものはあるでしょうから、そこに書き込みをしている女性を狙ってメールをし、仲良くなって、とりあえず会う。それがセフレを作る近道です。

セックスすることや、セフレになってもらうことを、サイト内のメールの時点で確約してもらいたいという気持ちはよくわかります。けれども、セックスというのは会ってみないことには、できるかどうかわかりませんよね。男性にしたって、出会い系サイトでセックスするのを約束しても、写真と明らかに違うあまりルックスの良くない女性が待ち合わせ場所に来れば、その気は失せてしまうでしょう。それは女性も同じです。

このように、結局は会う段階にならないとセックスできるかどうかというのはわからないので、メールでそれを約束することにはあまり意味がないんですね。そこで、連絡先を交換したり、会ったりするハードルの低い「友達募集」の女性を狙い、まずは遊びに行く。これが最善の策なのです。

狙い目は、上京したてで寂しい、友達がいないと嘆いている女の子です。東京に来たばかりの子は、なんとかこの地に人間関係を築こうと苦心しています。そして同時に、せっかく都会に出てきたのだから、ある程度は羽目を外したいとも考えているのです。だからこそ出会い系サイトまで使って、友達を探しているんですね。それはおそらく彼氏を探すこともかねているのでしょう。

そのような子は、都会の常識というか、雰囲気にまだ慣れていないので、これが普通だというふうに接すれば、わりと簡単にセックスすることができます。そしてひと時ばかり、私も大人になったという感覚に浸るのです。結局それは単によく知りもしない男に体を許しただけなのですが、都会の文化に触れたという錯覚が、地元の友達らへの優越感などをもたらすわけです。

◇会ってからが勝負

そのような女の子たちは、他に競争相手がいなければ、簡単に会うことができます。浮ついて警戒心がかなり薄くなっているので、知らない男とデートすることにもなんら抵抗を抱かないわけです。セックスできるかどうか、そしてその子をセフレにできるかどうかは、会ってからどのように接するかにかかっています。都会人らしい余裕と財力をもって、彼女を充分に楽しませてあげられれば、まず間違いなくセックスできることでしょう。

デートコースとして良いのは、街を色々とぶらついてから、居酒屋に落ち着くことでしょう。お酒の力を借りることによって、もともとガバガバに開ききった彼女らの心を、さらにもう一段階開かせてやるのです。そしてほどよく酔ったところで、店を出て、「これからどうする?」と訊いてみます。そこまでに良い雰囲気を作れていれば、女の子は必ず迷うような素振りを見せます。家に帰りたくないのです。「どうしよっか」などと返してくれば、ほぼセックスできたと見て間違いないでしょう。

そこから街をぶらついて、適当なホテルの前で冗談めかして「入る?」と訊いてみてください。酔っ払っているので、そのような冗談も許されるのです。彼女がそれを心から嫌だと思っても、あなたのその発言をきつく咎めるようなことはしないでしょう。もっとも、その時点で向こうも多少はエッチな気分になっているはずなので、大体は「えー」などと返してきます。「どうしよっかなぁ」と。そんなふうにちょっと迷っているみたいだったら、あとは押しです。「都会のホテル知らないでしょ?ちょっと見学してこうよ」などと言って中に連れ込みましょう。

そして、やることをやって、出て、そのあとも優しく接してあげて、彼女の望むように、家まで送ってあげるなり、駅で見送りをしてあげるなりしてください。こうすることで、セフレを作ることができるのです。

向こうはあなた以外の男を東京に知りませんから、関係は長続きするでしょうし、ペットのように従順にこちらの要望に応えてくれることでしょう。東京でセフレを作るのなら、これが一番の方法なのです。